中山テック 代表の中山です。

wordpressを使用していればぶち当たる可能性のある「description重複問題」。
これはどのような時に起こるのでしょうか。

ちなみに代表も、ホームページ->ソースの確認から見たら重複しており、ネット見ても解決しなかったことがありました。

今回はその何故を紐解いて行きたいと思います。

bizVektorテーマを使用している、かつAll in one SEOのプラグインを入れている場合に起こります。
※実証済み

これはどのような原理で起こるかというと

bizVektorテーマ×All in one SEOプラグインの組み合わせで起こる二重description発生の仕組み

図の通り、お互いがdescriptionを出すという自己主張が強すぎるため、二重で出てしまうのです。

解決策

All in one SEOを入れているということは、自分でタイトルやDescriptionを入力しているのだと思います。
その場合はbizVektorが出しているDescriptionを表示させなければ良いでしょう。

インターネットで調べると、header.phpのdescriptionを出している箇所を削除すると良いそうです。

ここを削除します。

header.phpにdescription定義が存在しない

しかし、header.phpにない場合もあります。
その時は「meta-descriptions.php」の該当箇所を削除します。

descriptionの削除箇所

「外観」→「テーマエディター」
を選択し
「plugins」→「meta_description.php」を編集しましょう。

echo '<meta name="description" content="' . esc_attr( getHeadDescription() ) . '" /\>' . "\n";
の箇所を削除します。

まとめ

SEO対策に置いて、複数定義してある箇所は削除したいですよね。
タイトル、descriptionに限らずですが、Googleが巡視した時「どっちを見れば良いのだ」となってしまします。

より正確なSEO対策を行うためにも、中山テックは邁進してまいります!

※bizVektorのホームページはこちらです。非常に使いやすいテーマです
https://bizvektor.com/

最後に 中山テックについて

 

中山テックでは下記のお仕事を承っています。

ホームページ制作系

ご料金はサービス内容・料金を参照ください。

■ホームページ制作
※ロゴ、バナーは外注となります
■SEO対策
Googleガイドライン診断、マネジメント、ブログ執筆など

システム開発系(SES請負契約向け)

■役職
プロジェクトマネジメント、PMO、リーダー、開発(要件定義~納品まで)

■スキル
工数見積(FP法)、折衝・提案、計画、調査、設計、実装(C、Java、クライアント系、SQL等)、データベース全般、テスト計画・項目作成、運用・保守

その他

Excel、プログラミングなどソフト系のお困りごと

対象地域

千葉県:東葛エリア(松戸市、柏市、我孫子市、市川市、流山市、船橋市、鎌ヶ谷市、白井市、浦安市)、市原市 他要相
茨城県:取手市、土浦市、他要相談
埼玉県:三郷市、草加市、春日部市、他要相談
東京都:23区、他要相談

ご質問ございましたら、お問い合わせページよりご連絡ください。