プログラミングの勉強でやっておきたい課題3選~何をプログラムしようと悩んでいる方へ~
チャットで文字列操作とUIの組み方を覚えよう!
中山テックはChatGPTで補完しきれない
「視覚」(画像)を取り入れ
「参考になった!」と思っていただける
ブログ執筆を目指してます

中山テック 代表の中山です。

さて、プログラミングを勉強してプログラマとしてお仕事したいという方が多いかと思います。

その際「何を作ろう」「勉強したてで難しいプログラムは組めない」「時間がなくて複雑なプログラムに取り掛かる暇がない」

というわけで今回は「プログラミングを学ぶ上で作成しやすい課題」をご紹介したいと思います。

チャット(クライアント・サーバ)

チャットで文字列操作とUIの組み方を覚えよう!

基本である文字列を学べる課題です。

また、HTTPプロトコルを駆使したプログラミングが勉強できます。

C言語におけるプロセス間通信を学ぶために最初に作ったプログラムがチャットでした。

共有メモリをどう使うか、アクセス時のセマフォロックをどのタイミングで挿入するかetc・・・

UI絡むとデザインセンスが問われるので、デザインのお勉強にも活用できます。

TODOリスト

TODOリストでツリー構造を覚えよう!

ツリー構造をゼロから考えられる課題です。

カレンダーを作るべきか、大項目中項目と分類するのかetc・・・

ツリー構造は己の関数を呼び出したり、データベースのインデックス、検索方式でも使われます。

枝分かれしたTODOリストを素早く正確に取り出すロジックを組み込めれば成熟したプログラマーになれるでしょう。

  • 関連記事

電卓

電卓で四則演算やUIの組み方を覚えよう!

言語問わず一度は作成した方が良い課題となります。

利点は下記です。

1.四則演算をフル活用

2.マイナスの時は?計算式の履歴を残すには?文字列も学べる

3.関数電卓や進数等ニーズが高い

利点を挙げればキリがありません。

Androidアプリの作成でもまずは電卓を作った程です。

UI絡むとさらに選択肢は無限大です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

他にもやっといた方が良い課題が沢山あります。

とは言え、実務をこなしてきた先生がいないと雑なプログラミングでも満足する傾向にあります。

結局お仕事で組むのが近道ではありますが、そうでなければ詳しい人に従事するのが良いと思います!

※中山テックに掲載しているゲーム画像の著作権、商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します


おすすめの記事