OracleのVARCHAR2で文字数指定で登録する方法

中山テック 代表の中山です。

備忘かつ専門的ブログのため、興味ない人は飛ばしちゃってください(汗

さて、今回はOracleをいじっている際に文字数で格納したいということがありました。

通常、マルチバイト文字(全角、半角カナ等)はSJISなら2バイト、UTF-8であれば

3バイトで表現され、データベースも3バイト文字として認識される可能性があります。

※サーバによる

DDL(CREATE TABLEと言ったデータ定義構文)で下記のように定義します。

カラム名 VARCHAR2(文字数 CHAR)

「USER_NAME VARCHAR2(40 CHAR)」であれば全角関係なく40文字まで格納できます。

つまり、マルチバイト文字を1文字として換算することが可能です。

どのような処理をしているかはわかりませんが、恐らくメモリ領域が多めに取られているのかと。

本来はVARCHAR2(120)と定義するのが正しいのでしょうが半角が120文字入る計算になります。

バイト数関係なく一定の文字数で実現したい時に使われます。

CHARとVARCHAR

余談かもしれませんが、CHARとVARCHARの違いは何かご存知でしょうか。

CHARは最大値40の場合、「1234567890」と入れたら後ろ30バイト半角スペースが入ります。

メモリは常に40バイトを取得します。

対するVARCHARは空白は付かず、文字数分の容量を取得します。

上記の数値であれば10バイトのみをメモリに格納。

ただし、カラムによってバイト数が変わるので処理に時間が掛かるデメリットがあります。

使い方

CHARの使い道ないのではないか?と思う方もいらっしゃると思います。

しかし、フラグ(0~5とか)の場合は固定長のCHARが威力を発揮します。

固定で処理の早いCHARで1桁のフラグを作ることで処理速度を速めます。

対するVARCHARはユーザ名を入れると言った場合に使えます。

CHARで取ると後ろの空白まで取得し、アプリ側で空白を消すなどと言った処理が必要になり

更に処理に時間が掛かってしまいます。

それぞれの役割を適切に使うことが求められます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

と言っても代表の備忘ですのでメモ書き程度になってしまいましたが(汗

同じデータベースを使う者として、参考になったら幸いです。

ホームページ制作系

ご料金はサービス内容・料金を参照ください。

■ホームページ制作

※ロゴ、バナーは外注となります

■SEO対策

Googleガイドライン診断、マネジメント、ブログ執筆など

システム開発系(SES請負契約向け)

■役職

プロジェクトマネジメント、PMO、リーダー、開発(要件定義~納品まで)

■スキル

工数見積(FP法)、折衝・提案、計画、調査、設計、実装(C、Java、クライアント系、SQL等)

データベース全般、テスト計画・項目作成、運用・保守

その他

Excel、プログラミングなどソフト系のお困りごと

対象地域

千葉県:東葛エリア(松戸市、柏市、我孫子市、市川市、流山市、船橋市、鎌ヶ谷市、白井市、浦安市) 他要相談

茨城県:取手市、土浦市、他要相談

埼玉県:三郷市、草加市、春日部市、他要相談

東京都:23区、他要相談

京都府:南区、他要相談

ご質問ございましたら、お問い合わせページよりご連絡ください。

おすすめの記事