中山競馬場のパドック、本馬場入場、レースをご紹介~間近で見る馬の迫力にハマる人多数!~

中山テック 代表の中山です。

さて、中山競馬場には様々な施設がございます。

メインスタンドを初め、パドックや本馬場などなど・・・

どれも魅力的な施設となっております。

早速お話していきたいと思います。

中山競馬場公式HPはこちら




パドックは、状態や気性などを見せるお披露目の場です。

この日は晴天に恵まれており、馬の毛ヅヤも綺麗に見えていました。

首を激しく縦に振っていないか、汗が凄くないか、ボロ(馬糞)は柔くないかといったことをチェックします。

ギャラリー

※クリックすると拡大します

ギャラリー1(パドックのビジョン前から)

正面から。前肢の付け根の筋肉よ
黒鹿毛はロマンを感じる!3着でした
トモの張りがヨシ!※2着馬
前肢の付け根が発達!

ギャラリー2(出入口付近から)

毛ヅヤ筋肉全て取っても申し分なし!2着でした
芦毛がお美しいが太めの印象
別日、1着馬
別日、2着馬
別日、3着馬
素晴らしい筋肉
気合ものって絶好調
オーナー西山さんの所有馬
オジュウチョウサンの引退レース(中山大障害)

ギャラリー3(ジョッキーといっしょ)

騎手が跨って気合いが入る
嬉しそうな木幡巧騎手
丸山騎手はイケメンでした
2階から。こうして見ると思ったより広いです

本馬場入場

馬場内に入場するシーンです。

馬を落ち着かせたり、ウォーミングアップさせることを目的に軽く走らせます。

レースの時よりも間近で見られるのが最高です。

ギャラリー

※画像をクリックすると拡大します。また随時差し替えたり追加していきます

ギャラリー1

遠目から。誘導馬から離れてウォーミングアップ
固まってウォーミングアップ
近くで走ってくれます(北村宏騎手)
1600mのポケットに向かいます(勝浦騎手、西村騎手)

ギャラリー2

R・キング騎手騎乗の馬。5馬身差の圧勝!
筋肉が美しい。残念ながら4着
2頭近い距離でアップ
戸崎騎手騎乗、3着と健闘!
イケメン津村騎手騎乗。掲示板県内の5着に入選
3頭まとまってます
黒鹿毛が美しい

ギャラリー3

期待のホープ小林勝太騎手
藤田菜七子騎手
誘導馬に見守られながらウォーミングアップ
ゲート前。戸崎圭太騎手
続々ゲートに集まります
手前16番が横山武史騎手、奥8番が北村宏司騎手
船橋のレジェンド、森泰斗騎手が来てました(2024/4/6)
後ろは藤田菜七子騎手
臨戦態勢です!(結果は13番人気6着と健闘!)

ギャラリー4(本馬場入場前)

また、ゴール前の道から本馬場入場に入るのでここでキャメラを構えている方も多くいらっしゃいます。

間近で見られるので面白いですよ!

12月だけあって寒いです
アマイねぇ
藤田菜七子J


  • 公営競技関連記事

レース

生で見ると全然違います。

小さかった馬がどんどんこちらに向かってくるのがわかります。

音も馬が全力で走っているもので「ドドドドドドドドド」という感じです。

「パカラッパカラッ」はないです(笑)

ギャラリー

※画像はクリックすると拡大します。また随時差し替えたり追加していきます

ギャラリー1(zfcにて撮影)

芝2000mスタート。大きな出遅れはない
激しい位置取りが進みます
最終、第4コーナー地点
固まってたが、皆スパートをかける
別レース。3頭が固まって追い比べ
激しい叩きあいをこの距離で見れる、臨場感抜群だ!

ギャラリー2(ダート)

ダートバージョン(最終コーナー)
重馬場の割に砂が舞ってます
2頭の一騎打ち!
後続も負けじと追い上げます!
天気のいい日だが前日の雪で馬場は重い。4頭の追い比べが始まった
後続も追い上げる。重馬場でも砂は舞う

ギャラリー3(芝・4コーナー)

最近ハマっている最終コーナーの様子
先頭の5番(赤帽子)が逃げ切りを図ります
土もまとめて削り取る!馬が走る=芝への負担が大きいということがわかる

ギャラリー4(スタート・ゴール前)

芝1800m戦はスタートの瞬間が間近で見れる
激しい先行争い
直線の叩き合い!
鞭を振って伸びを期待する。が、手前ピンク帽の圧倒的1番人気、菅原騎手が楽な手ごたえでごぼう抜きし1着
時季によっては桜をバックにレース観戦もできます!





  • 競馬場レポート一覧(よろしければ一通りご覧ください!)
東京競馬場中山競馬場京都競馬場新潟競馬場大井競馬場
川崎競馬場船橋競馬場浦和競馬場園田競馬場笠松競馬場
佐賀競馬場小倉競馬場
東京競馬場中山競馬場京都競馬場
新潟競馬場大井競馬場川崎競馬場
船橋競馬場浦和競馬場園田競馬場
笠松競馬場佐賀競馬場小倉競馬場

※中山テックに掲載しているゲーム画像の著作権、商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します


おすすめの記事