Excel(エクセル)で見出しを固定する方法~見やすさが格段に変わります!~
中山テックはChatGPTで補完しきれない
「視覚」(画像)を取り入れ
「参考になった!」と思っていただける
ブログ執筆を目指してます

中山テック 代表の中山です。

さて、Excel使用の際に縦長の表になることが多々あると思います。

ちなみに私はよくあります(笑)。

その場合、どうすれば良いのかの方法と応用について考察していきます。

※操作方法をご存知の方も是非ご覧ください!

Excel公式



代表が分析を欠かすことのない、GoogleAnalytics。

日付指定でビュー数や訪問者数等が一発で見えます。

上記画像はWEB上の数字をExcelの表形式でダウンロードし、ちょっと装飾して見やすくしました。

それはさておき、ダウンロードファイルは非常に縦長の表となってしまい、スクロールすると・・・

と、慌ててしまうことも少なくないでしょう。

※Excelをまともに使いこなせてない若手時代は知らずに苦労しました・・・

しかし安心してください!一発で見やすい表に変貌します。

ウインドウ枠の固定



表示タブ⇒ウインドウ枠の固定⇒ウインドウ枠の固定(F)を選択します。

これだけなのですが、現在選択しているセルがどこかで固定場所が変わります

例えば、上記画像ではA1セル(見出しがある場所)を選択しており、ここでボタンをクリックすると・・・

何故か見出しが13行目までとなってしまいました(汗

次の項で「どこのセルを選択して固定すれば良いのか」についてお話します。

どこのセルを選択するか

縦長の場合は固定したい見出しの1つ下のセルを選択する

どうやら「選択したセルより上を見出しとする」仕組みのようです。

画像ではA2セルを選択しており、この状態で「ウインドウ枠の固定」ボタンをクリックします。

無事見出しが追従してきてくれました!

初めの項の画像であった「これ何の数字?」は平均ページ滞在時間だったようです!めでたしめでたし!



  • システム開発関連記事

横長の場合は固定したい見出しの1つ右のセルを選択する

上記画像は横長のデータ、つまり右の方にスクロールしていくファイルです。

縦長の場合は見出しの一つ下のセルを選択してましたが、横長の場合は一つ右のセルを選択します

画面をご覧頂ければわかると思いますが、見出しが横に追従しています。

これで横長の表も見やすくなりました!

※ただし、見出しの文字が長すぎるとデータが隠れてしまうので注意!

縦も横も長い場合は固定したい見出しの1つ右と下のセルを選択する

縦も横も長いデータ


縦・横長時の合わせ技でいけます。

つまり、縦は一つ下のセルを選択+横は一つ右のセルを選択。

上記画像でいうところの「B2」セルが該当します(A1が見出しの起点なので、そこから下1右1)。

固定解除

表示タブ⇒ウインドウ枠の固定⇒ウインドウ枠固定の解除をクリックします。

一度固定をした場合は解除の選択肢しかありません。

もし固定場所を変えたい場合は解除⇒固定場所の指定⇒固定の流れになります。

YouTube

ショート動画ですが、上記の流れをまとめました。

面白い・参考になったと思って頂けたらチャンネル登録・高評価お願いいたします!





まとめ

さて、データが大きくなると縦や横になりがちなExcelの表。

しかし、設定次第で見やすくなりますので是非活用してみてください!

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

※中山テックに掲載しているゲーム画像の著作権、商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します


おすすめの記事