USBメモリを使ってWindowsを再インストール
中山テックはChatGPTで補完しきれない
「視覚」(画像)を取り入れ
「参考になった!」と思っていただける
ブログ執筆を目指してます

中山テック 代表の中山です。

さて、先日Wacomの液晶タブレットを購入しました。

デザインを強化する意味合いもあるため、奮発して購入しました。

ただし、液晶タブレットと言えどもパソコンがないと操作は出来ません。

そして現在使用しているPCはホームページ制作やシステム構築に使用しているので

眠っているPCをデザイン制作に使用することを決めました。

とは言え、実験的に入れたOSがインストールされているのでWindows10(Home Edition)を

入れることを来ましたので、再インストール方法についてお話したいと思います。

USBメモリを差し込む。ADATAの1000円未満の商品です。

以前、古いPCにUbuntuをインストールしたブログでもお話しましたが

まずはインストール用のUSBを差し込み、マウントの上ISOファイルを投入します。

※2台目以降のパソコン、しかも古いやつで試してください。責任は負いかねます

ISOファイル作成

MicrosoftのページからISOファイルをダウンロードします。

色々と手順がありますので、写真付きでご説明いたします。

Windows10(Home Edition)をダウンロードします
ISOイメージ作成ツールをダウンロード
別PCへのインストールなので2番目のラヂヲボタンを押す
ISOファイルを作成するので、2番目のラヂヲボタンを押す
保存。場所はどこでもいい

これでダウンロードは完了です。

  • 関連記事

RufusでISOイメージ作成

Rufusのホームページからツールをダウンロードします。

Rufus最新版(3.18)をダウンロード
rufus-3.18.exeをダブルクリックして実行

ツールを実行するとISOファイルを選択できます。

選択すると、あとは自動でマウントとイメージ作成を行ってくれる優れものです。

設定が完了したらWindowsのインストールが開始できます(早い!)

「選択」でISOファイルを選びます
他設定を変える必要はありません。スタートボタンでイメージ作成します
100%行ったらツールを閉じ、USBも取り外します。

インストール

インストール先PCにUSBを挿します。画像を使いまわすな!とか言わないで

インストール先PCにUSBを挿し、電源を入れたらF12を押します(DELLの場合)

※他のメーカーの場合はネットで確認してください

するとインストール画面が出てくるので、USBからインストールする系の選択肢を選びます。

恐らく英語なので、それっぽいの選びましょう。失敗しても影響はないはずです

DELLはUEFI:~を選択
セットアップ画面にたどり着きました!ここまで来たら勝ち確です!
中のデータは残す必要ないので、新規のドライブ割り当てを行います
パーティションが4つある

曲者がここです。

割り当てられたドライブが4つあり、フォーマットして使えそうですがなかなか上手く行きません。

楽なのは、一つずつ「削除」リンクを押すこと。

これにより、パーティションを削除して0からドライブを作り直すことが可能です。

※この作業をやる方は必要データはバックアップしているので削除していい認識です

削除されたので「新規」ボタンでインストールを続行
あとは指示に従って入力したり待ったりするだけです!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

OSを差し替える機会がまずないと思いますが、ひょんなことで必要となるかもしれません。

※仕事場のPCが古いので10にアップグレードしてくれといったこと

是非上記の手順をご覧になって頂き、必要に応じてインストールしてみてください!

※関連ブログ

使わなくなったPCにUbuntuをインストール

※中山テックに掲載しているゲーム画像の著作権、商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します


おすすめの記事