HP制作時によく使われる用語

株式会社中山テック 代表の中山です。

HP制作やデザイン系のお仕事をご依頼しようと思った時に、カタカナが多くてわかり辛い、といったご経験はありませんか?
かくいう私もHP制作の利点の漫画をご依頼しようとした際に用語が訳わからなくて終始イライラしていた記憶があります。
さらに値段も高く、完成に不安を覚えたため挫折した記憶があります。

今回はHP制作を行う上でよく出るワードと意味をご紹介したいと思います。

HP、WEBページ

ホームページのことです。同じ意味と受け取って頂いて問題ないと思います。

SEO対策

解体新書にもありますが、「検索エンジン最適化」という意味です。
天下のGoogle様の推奨するHP制作を行う、という意味です。

なお、絶対に検索結果が絶対1位になる!という保証は全くありませんのでご注意を!
複数キーワードで1位を目指す場合なら、お客様も請け負った会社も苦労するのが当然と思ってください。
※日々変動します

WF

ワイヤーフレームの略称です。
ホームページ制作の際に「どのようなページ構成にするか」「色をどうするか」「どんな画像を使用するか」を
紙(または専用のソフト)で制作することです。

UI

ユーザインターフェースの略称です。
ボタン、文字入力などが挙げられます。
ここをおろそかにすると、ユーザが使いづらい!と思いページから離れていく可能性が高くなります。

SEM

検索エンジンの検索結果から制作したHPに人を呼び込むマーケティング手法のことです。
SEO対策して訪問者を増やそう、といったことですが、頑張ってこんな用語作らなくても・・・とは思います 汗

ECサイト

サイトで直接販売できるシステムのことです。
例えば、手先の器用な方が小物を作って売りたい!という場合に作成されます。

wordpress

ワードプレスと呼びます。
簡単にHPが制作できるソフトです。
今や爆発的な人気を誇ります。
ただし、自分の思うデザインにしたい場合はHTML/CSSの知識が必要となります。

HTML

Hyper Text Markup Languageの略です。
「タグ」と呼ばれるものを作成→閉じる、といった非常に簡単なプログラムです。
例)画像表示したい

※<>がオープン、</>が閉じです。
オープンと閉じの間に処理を入れることで簡単にページが作成できるのです。

CSS

Cascading Style Sheetsの略です。
単にスタイルシートと呼ぶこともあります。

これは文字を装飾したり、枠に色を付けたりとデザインには欠かせないコードです。

例)
h1

collar:red;

これで<h1>のタグの中の文字色が赤色になります。

※画面に反映されてしまうので、あえて大文字で記載してます

まとめ

知ってるよ!と思った方は申し訳ありません 汗
ただ、お客様がすべて知っている前提ではないので、あえて書かせていただきました。

今回はちょっとした用語を記載しましたが、用語集ページが作れたら
制作時の指標になるのかな、と思いますので気長にお待ちください(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA