ホームページを持っていない、リニューアルが必要な企業様へ伝えたい3つのこと

株式会社中山テック 代表の中山です。

ホームページを持たない企業様は今も多く存在します。
大体の理由は下記だと思います。

■業種によってはホームページを持たなくとも、昔からのお得意様と取引ができれば問題ない
■特定の企業様との取引により、無理して新規開拓をする必要がない
■飲食であれば食べログ様に掲載されるから、特段作成する必要がない
■また、時代に合ったページではないが、事業は順調なので特段修正する必要がない

しかし、本当にそれで良いのでしょうか。
もちろん、ホームページを制作することが全てではありませんが、下記のような理由から制作した方が良いと私は考えます。

企業のイメージがわかる(HPがない企業様向け)

ホームページは名刺代わりであるとは過去にお話しました。
しかし、名刺だけでは会社の沿革や事業内容の細部まではわかりません。
インターネットのない時代だと、こぞって会社案内を制作していましたよね。
またはTVやラジオなどのメディアを利用した広告。

しかし、今はPC・スマホから簡単に会社情報を閲覧できます。

時代に即したホームページではない、時代の流れに乗ろうとしていない(リニューアルが必要な企業様向け)

昔の弊社HPをご覧ください
nakayama-tech-old
ちなみに、レスポンシブではないんです 笑
PC版しか作成しておりませんでした。
ちなみに2017年2月に制作したページです 笑

現在のが完全に良いかはわかりませんが、少なくともレスポンシブですし、コンテンツも充実しています。

時代の流れに乗ろうとしていない=企業努力が足りないと思われる可能性があります。

いつまでも事業が順調とは限らない(共通)

事業が縮小した場合、当然新規顧客を獲得しなければならないでしょう。
その際、営業でホームページがない場合はどうでしょう。
仮に業者一覧ページに登録していたとしても、会社概要ぐらいしか載せることができません。

会社案内のパンフレットがあれば読んでもらえるとは思いますが、情報が古い可能性があります
※事業縮小を余儀なくされた場合は会社案内まで頭が回らないはずなので
もちろん、最新情報にするにはお金が掛かりますし、縮小してそこまで予算を回せないでしょう。

では逆にホームページがあれば、会社案内の内容+最新の情報を常に表示することができます。

巨大ホームページにお店の情報が載っている(共通)

冒頭に出した食べログ様、楽天様の旅行ページなどに載っていればOKという所も多いでしょう。
しかし、意外にも上記ページ+お店のホームページまでチェックしている人は多いのです。

つまり、情報が足りないのです。

昔からのお店であれば常連さんが多く訪れてくれるかもしれませんが、皆様常に来てくれる訳ではありません。

定年退職すれば年金生活で頻繁にお店に来れなくなる、また若くても結婚を機に来なくなる。
様々な理由がありますが、常に一定のお客様を確保する必要があります。

それと案外、巨大ホームページ経由のお店って2回目に行くことってそこまでないと思います。

逆にしっかり調べた上で満足すると2回目以降も来る可能性は高いのです。

まとめ

会社の企業努力のイメージの一因、新規顧客を獲得する為のイメージとして制作をお勧めします。
様々なホームページ制作会社様が存在しますが、是非弊社へのご依頼をお願いいたします。

しつこく宣伝させて頂いてますが、予算に応じたホームページ制作を行うことができるためです。

言うなればDELLのパソコンのようにカスタマイズできる、と思って頂ければ幸いです。

上記当てはまる企業様は是非一度ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA