HP制作後の集客のために必要な3つのこと

株式会社中山テック 代表の中山です。

HP制作後に検索ランキング上げるだけに意味がないことはコチラでお話した通りですよね。
ゴールはお問い合わせ、売り上げ増を達成することにあります。
また、お問い合わせ、売り上げ増はGoogleの掲げるユーザ最優先の方針に則るため、ランキングも勝手に上がっていくでしょう。

そもそも、ホームページから集客を見込むことは営業費用の削減も目的としている会社様も多いのです。
アウトバウンド営業(いわゆる飛び込み)をやった事がある方ならわかると思いますが

●アポ取り用の電話が必要
●担当の地域に行くために交通費(ガソリン代)が掛かる。

などなど、とにかくお金が掛かりますが、これぞ営業という感じですよね(私は営業好きなのでこのスタイルは好きです)。
そこは置いといて、アウトバウンド+インバウンド(お客様からの問合せ)で売り上げ増が望めるのがHPの強みなのです。
インバウンドが軌道に乗ることにより、アウトバウンドの営業マンをインバウンドに回して素早い対応を行うことができます。
ではそのインバウンドでの集客を行うために必要な5つのことを説明します。

1.自社の売りとなるキーワードを全て洗い出す

私は昔、外資保険代理店の営業マンでした。ですので、保険を例に取って洗い出してみましょう。

●取扱い保険商品
●ジャンル(死亡/入院/年金)
●現在の入院事情(入院保険に限り)
●病気の影響
●保険料(例)
●メリット
●申込可否
●ターゲット

他にも色々ありますが、とにかく洗い出せるだけ洗い出します。

2.キーワードを文章化する

どのような文章を書けば良いのか、それは商品説明しつつ、お客様が入った方が良いと思わせる文章です。
もちろんテクニックが必要ですので、もし難しいとお考えならライターの方に依頼するのもありです。

検索ランキングは上位だけど、説明見てても入る気にはならないなぁ、なんて思われたら問合せもなく終了となります。
では、どのような文章が良いのか、入院保険を例に取った文章を記載してみます。

保険商品:A(入院保険)→取扱い保険商品とジャンル
現在、平均寿命が上がり、大病を患った場合は入院することが殆どで、いざ入院すると4人部屋も2人部屋も空いておらず、個室に入らなければならない事が多々あります。そうなると1日10,000円~15,000円程掛かることが統計的に明らかになっています。→現在の入院事情
さらに、入院している間はお仕事は出来ず、貯蓄から捻出する必要が出てくる可能性が高いです。→病気の影響
しかし、病気・ケガ問わず1日10,000円の入院費が出るこのA商品に加入することで上記の影響が軽減されます→メリット
※(保険料例例)30歳 入院1日辺り10,000円の場合 月々3,500円の保険料→保険料(例)
お申込みは20~60歳まで加入でき、過去に大病を患っていなければ加入できる可能性もありますので、まずはご連絡ください。→申込可否、ターゲット

私の文章力がいかほどかはわかりませんが、こんな感じでキーワードを埋め込みます。

3.ページのどこに配置をするか考える

真っ先に開くページってTOPページになりますよね。
ですので、なるべくTOPページの上の方に配置するのが良いと思います。

また、メニュー下に画像やスライドを配置するHPが殆どですので、上記の要約を画像に文字入れするのもありだと思います。
なるべく目立つ所に配置することを意識しましょう。

ちなみに格安ホームページ制作を掲げている弊社ですが、このようなマネジメントも行うことが可能です。
元々提案営業は得意ですし、お客様目線で考えることには長けているつもりです。

困った時は中山テックまでご連絡を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA